Windowsの再セットアップ

長らく使っていたLet’s noteのキーボードとイヤホンジャックにガタが来たので、買い換えることにした。本当はまだBluetoothキーボードにすればしばらくの間延命できたのだが、Chromeも激重になっていたしなによりイヤホンジャックが使えないのは非常に大きな問題である。

PCに求める条件はみんな様々ではあろうが、少なくとも自分が求めている条件は以下であった。

  • USB(Type-A)端子が2つ
  • HDMI端子が1つ
  • Core i5以上

この条件で可能な限り軽さと安さを両立できるものを探し、結果ASUSのUX3100UQに落ち着くこととなった。ファンがLet’s noteと比べてうるさいのと、キーの大きさや配置は戸惑うし重量も1.4kgなのでそこまで軽いというわけではないのだが、10万円で買えるという点が何よりLet’s noteにはできない芸当なのでそこは甘んじて数年の使用に耐えることだけを祈ることにする。

購入すると、とにかく何から何までインストールしなくてはいけなくなる。買ったばかりでインストールするものが非常に多かったが、現時点でインストールしたものを以下に列挙するので、数年後にまた設定するような日が訪れたらまた読み返すことにしよう。

  • Google Chrome(ブラウザは使い慣れたものをチョイス)
  • Adobe Reader(地味にプリインストールじゃなくて困る)
  • Norton(何よりもセキュリティソフト。持っててよかった)
  • Limechat2(IRCクライアントはほかに良いのがなさそう)
  • Skype(プリインストールのやつWin8.1のときにクッソ使えなかったトラウマ)
  • iTunes(iPhoneユーザーなもので)
  • foobar2000(今更foobarかよって言われそうではあるけど、ほかにいい音楽再生ソフトが思い浮かばない)
  • WinSCP(この記事を公開できるのもこのソフトのおかげ)
  • Dropbox(ファイルのバックアップや共有に再活躍)
  • Manycam(生配信を行うときのために)
  • Atom(このMarkdownもAtomで書いている)
  • Microsoft Office Personal(持っててよかったOffice。プライベートでもExcelは大活躍。あとWordも。)

あとはRubyをインストールすればだいたいの環境は整う。ただ、どういう開発環境を作ればよいのかさっぱりわからない。

いろいろ娯楽のためにたくさんのソフトをインストールしていた時期もあったが、パソコンの中身もなるべくキレイを保ちたい。